シミに効く化粧品を目的別で選ぶランキング。シミといっても色々な種類があります。出来てしまったシミに効くのはどの化粧品?まずは自分のシミの種類を知り、そこから自分にぴったりのアイテムを探し出しましょう!

シミに効く化粧品はどんなシミに効くのか?

シミに効く化粧品

シミ対策とうたわれている美白化粧品はたくさんありますが、配合されている成分はさまざまです。
とはいっても全てのシミに対応できるわけではありません。

シミにもできた原因が色々あります。そのシミをまずは知り、アプローチすることで最大限に化粧品のパワーを引き出しましょう。まずは自分のシミのタイプを知るところからです!

■シミの種類

肝斑(かんぱん)
褐色をしていて、皮膚科医がいう「シミ」はこれをさします。 頬、おでこ、目の下、こめかみ、口周りなどに左右対称にできます。ホルモン異常が原因のことが多く、紫外線で悪化します。 レーザー治療は逆に濃くしてしまうので注意!

ニキビ跡・紫外線によるシミ
ニキビができた跡や、紫外線を浴びてできたシミ。

くすみ
肌の色のバランスが崩れて明度が下がり、不規則な色素沈着を起こしたもの。 点在する小さなシミや分厚くなった角質で透明感がダウンしている状態。

シミに効く美白化粧品ランキング

かんぱん 頑固なシミ
1,944円 送料無料
シミ消し成分「ハイドロキノン」が頑固なシミを薄くする! 国際特許の浸透技術で医薬品並みの美白効果をもたらします。
1,480円 送料無料 頑固なシミ 敏感肌
美白が効きにくい肌を、美白が効きやすくするところからアプローチ。攻めの敏感肌ケア。保湿力も高い。
1,080円 送料無料 日焼け
アルブチンとビタミンCを狙ったところに届ける新技術を採用。ナノ美白がメラニンの骨組みにアタック。

シミは一回できると大きくなったり濃くなってしまう・・と諦めていませんか?
シミは「メラニン」が作られ続けることでできます。 皮膚の防御反応によって作られるものなので、メラニンが作られる組織にアプローチすればシミは改善されます。


作らせなくするだけでは、これ以上シミを増やさないだけですが、 既にできているメラニンを淡色化する「還元作用」があるハイドロキノンは既に出来てしまったシミを薄くする作用があります。 ハイドロキノンの還元作用+ビタミンCのメラニン生成を抑える力、この2つがシミには最強です!

ハイドロキノンで還元(淡色化)
メラニン色素の合成も抑えます。アルブチンの数十倍~100倍!
ビタミンCは美白の王道成分
メラニン生成を抑える、抗酸化作用、還元作用もアリ
スキンケアだけでもかなり改善
スキンケアだけでも十分に効果アリです!早めのケアが大切
肝斑はレーザーに注意
肝斑は逆にレーザー治療で濃くなってしまうので注意

シミ治療で皮膚科に行くと処方される「ハイドロキノン」。
ハイドロキノン以上にシミに有効な成分はないと言われていますが、病院で出されるものは配合率も高く、刺激が強いです。
2001年までは医療でしか扱えなかったハイドロキノンは化粧品に配合されることが許可されるようになりました。


今ではハイドロキノンを配合している美白化粧品はありますが、もともと医学や薬学を必要とするハイドロキノンは なかなか安定させられず配合が難しい成分でした。
真皮に届くまでに水溶性なので浸透せず、効果をなかなか発揮できないものも多いとか。



その難しい成分を
より安全
より浸透力を高く確実にメラニンに届ける!
より刺激を軽減


この3つを徹底的に突き詰めたのがビーグレンです。
安全、かつ確実に本来の効果を発揮できると社長自ら自信を持って発信しています。
敏感肌の人でも使えるというビーグレンは驚くべき化粧品です。
365日間返金保証というのもよっぽど商品に自信がなければつけられない保証ですよね。
トライアルセットから始めてみて、肌に合う合わないを試してみる価値はあると思いますよ。

シミの種類で選ぶ美白化粧品ランキング

肝斑(かんぱん)
かんぱん 【有効な成分】ハイドロキノン

皮膚科医で処方されるハイドロキノンは刺激が強すぎて肌荒れや肌に合わないなどの原因に。それを化粧品として使いやすくしているものです。
ニキビ跡・紫外線によるシミ
紫外線のシミ 【有効な成分】ハイドロキノン、ビタミンC
ハイドロキノンの還元作用とビタミンCの抗酸化作用でダブルアプローチ!スキンケアだけでもかなりの改善効果が期待できます。
くすみ
くすみ 【有効な成分】ビタミンC、プラセンタなど
くすみはビタミンCの抗酸化作用だけでなく、プラセンタでのメラニン抑制作用&排出も効果的です。保湿ケアにも重点を。
「シミに効く化粧品はどのシミに効く?」について
シミに効く化粧品は有効成分をみて選ぶのがベストです。 シミには肝斑(かんぱん)、炎症性のもの、かぶれ、ニキビ、遺伝などでできるものがあり、そばかすは遺伝で色白さんに多いです。 基本的には紫外線を浴びることで悪化するので、色白さんは紫外線を防御する力が弱いというのもあります。 メラニンは酸化すると黒くなるので、できたシミは濃くなっていきます。そのため、抗酸化作用のあるビタミンCは効果的です。 光老化を予防することがシミを防ぐことになります。 シミ消しに有効な成分としては、ビタミンC、ハイドロキノン、アルブチン、プラセンタ、コラーゲンなど。 プラセンタは保湿作用と細胞を活性化し、メラニンが作られるのを抑えて排出するので古くから美白化粧品に使われています。 美白化粧品は一般的に乾燥しやすいので、保湿をしっかりとすることも心がけましょう。 黄ぐすみや茶ぐすみは乾燥によって角質が厚くなり、皮脂汚れが残って透明感がダウンしています。 また日頃からUV下地で紫外線対策をし、新陳代謝を高めるためのマッサージやパックも大切です。 シミのない美肌を目指して早めのケアを心がけましょう!